わきが治療でもう悩まない:臭うだなんて言わせない

脱毛をする

ナースステーション

実際には、わきの下の臭いで悩んでいる若い女性は意外と多いものです。
そしてこの臭いは、いわゆるワキガと呼ばれています。
元々ワキガは病気でもありませんし、誰でも多少はあるものなのです。
しかし、汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺があって、アポクリン腺が多い人には特有の臭いが発生しやすいのです。
また、アポクリン腺の数は遺伝すると言われており、生まれながらにしてワキガになりやすい体質だと言えるのです。
しかし、ワキガは軽減することができます。
まずは、わきの下に汗をかかないように制汗剤を塗ったりするのです。
そして、定期的にわきの下を消毒することも効果があります。
これは、臭いを発生させる細菌を殺菌するために消毒するのです。

アポクリン腺から分泌される汗を抑えたり、ワキガを発生させる細菌を殺菌することは確かに効果がある方法なのですが、対症療法と言って一時的な治療法に過ぎません。
そこで、ワキガを根本的に治療したいのであれば、美容外科に相談してみることをおススメします。
美容外科では、アポクリン腺を切除したり、マイクロウェーブで焼いたりして臭いの元を断ってくれるのです。
しかし、この手術には健康保険が適用されませんから、比較的高額な費用がかかることを覚悟しておく必要があります。
また、費用に関しては美容外科で異なりますから、インターネットの口コミ情報サイトなどで事前に調べておくと良いでしょう。
また、口コミ情報サイトならば美容外科の評判も判ります。